2013年12月6日金曜日

今の時期に便利なドレスシャツ・薄地ニットのコーデ第二段【RINASCIMENTO/リナシメント2013-14】

昨日に続き、ドレスシャツや薄地ニットのコーデです。
店頭のお客さまからもよく言われる、袖なしワンピースをどうするか!っと言う課題。

わたしもよくするコーデです。

タイトワンピースは、比較的、お袖が無いのが多いです。
タイトで袖があると、デザインのバランスが悪いってのもあるのでしょうか・・・?

それに、タイトワンピースで袖があったら、動きにくそうです。(笑


色んな組み合わせをしてみました。



まずは、こちら、
RINASCIMENTO/リナシメントのロング、ドレスシャツ
千鳥格子ワンピースにスカーフは大人っぽくツルツルのツヤのあるタイプを・・・





それを、タートルネックの薄地ニットセーターに変えるとこんな感じに。
ちょっとやわらかい印象になります。



そこににスカーフはマットな質感の
大判ロングストールにすると、また感じが変わります。

こんな感じのイタリア製大判・ロングのビスコースストールは、
次のアップです。
多分、来週早々ぐらいです




そして、次はフランスのタイト&フレアワンピース
RINASCIMENTO/リナシメントのロング、ドレスシャツを、あわせるとこんな感じに


それに、ウエストをベルトでマークすると、さらにキュッとしたボディラインに!
しなくても、カワイイです。



そして、こちらは昨日ブログアップしました、イタリア製ポンチョショールですが、
中がわかりにくいとの事で、もう一度アップです。



中は、フランスFIFILLES DE PARIS/フィフィーユドパリのタイトワンピース&
薄地ドレープニットを中に着せました。

このワンピースは、袖も無いですが、首も結構大きく開いているので、
これくらい中に着ないと、結構、胸元が見えそうです(笑

そっちの着方の方がお好きな方は、胸元開け気味でどうぞ(^^



そんな時は、外出時には寒そうに見えるので、
大判ロングストールにすると、また感じが変わります。

こんな感じのイタリア製大判・ロングのビスコースストールは、次のアップです。
多分、来週早々ぐらいです。

大量にカワイイストール!お楽しみにしていてください



ではでは今日は、昨日のアップの続きを、まずしますね。


今年のアップ分もあともうちょっとで終わりです。
いいタイミングでお買い物してくださいね。












0 件のコメント:

コメントを投稿